メキシコで初めて食す野菜シリーズ chayote

b0153074_1541932.jpg

アメリカ大陸には様々な野菜や果物があります。
トマトやジャガイモ、カボチャ、トウモロコシ、アボガド、カカオ、七面鳥などはアメリカ大陸原産。
『新大陸』に到着したヨーロッパ人が「これはウマイ」と持ち帰って、世界中に広がっていったのです。
さて、今日紹介するchayote(チャヨーテ)もアメリカ大陸原産。
ウリ科の野菜で、日本名では隼人瓜(はやとうり)というそうです。
広辞苑情報では、「日本には1917年(大正6)渡来」らしいので、もしかすると日本でも売られているのかもしれませんね。
ごくごく一般的に売られているのは、表面がつるんとしたもの。
皮をむかずそのまま食べられます。
上の写真は、「ほっておいても、勝手に実がなるのよ」とおすそ分けしてもらった、トゲトゲのあるチャヨーテ。
初めて見ました。
厚手のふきんで押さえながら慎重に皮をむくと、写真の左側のような黄緑色の中身が。
包丁を入れるとねばねばとした液が溢れてくるので、すべらないように注意します。
ひだの隙間にもトゲ!
b0153074_15314456.jpg

これを真っ二つに割ると、中には柔らかい白い種が1つ入っています。
さて食べ方ですが、スープやお味噌汁に入れても良し、煮物にしても良し、茹でてマヨネーズで食べても良し。
メキシコでは、スープの具に入っていたり、温野菜として肉料理の付け合せに出てくることが多いです。
今日は趣をかえて、にんにくとベーコンで炒めてみました。
個人的には、炒め物よりも汁気の多いスープなどのほうが合うと思います。
[PR]