夜行バスでチアパスへ

b0153074_21425477.jpg


オアハカから夜行バスでチアパス州へ移動。
デコボコ、クネクネする山道に耐えること12時間。
サンクリストバル・デ・ラス・カサスという町に着きました。

チアパス州はメキシコの南部にあり、暑いかと思いきや、高地のため朝晩は冷えます。
セーターを持ってきて良かった。
町の中を散策すると、民族衣装を着た人々をたくさん目にします。
この辺りはマヤ文明が栄えたところで、今でも先住民が暮らす村がたくさんあります。
地域によってことなる民族衣装があり、また民芸品も豊富なのです。
メキシコシティからは少し遠いので今まで来たことがなかったのですが、念願かなってよかった!

夜になって、オアハカで偶然知り合った日本人の女の子と待ち合わせ、ごはんを食べました。
彼女はニューヨーク在住で、自分でまつげエクステのサロンをやっているそう。
最近、メキシコの友達でも自分で仕事を始める人が多くて、同世代の人が活躍してるのっていいなあと思います。
たくさん刺激をもらいました。
[PR]